社長インタビュー

「世界中で圧倒的な存在感を発揮している会社。
常にチャレンジしている会社であり続けたいね」

ブックオフの堀内康隆社長に、新卒の学生に向けたメッセージを依頼しました。聞いてみたかったことは3つ。
「ブックオフのいいところと変えたいところ」「新卒の社員に期待すること」「10年後のブックオフ」です。
本音ベースの情熱的なメッセージに触れてみてください。

代表取締役社長 堀内 康隆

コンサルティング企業2社を経て、2006年3月にブックオフ入社。
店舗運営を経験した後、2008年4月に執行役員管理副本部長に就任。
取締役執行役員管理本部長に就任。ブックオフオンライン代表取締役社長、
ブクログ代表取締役社長を経て、2017年4月に代表取締役社長に就任。

「今までの考え方に捉われることなく
挑戦し続ける風土を築き上げたい」

ブックオフのいいところと、「変えたいな」と思うところを教えてください。

「今までの考え方に捉われることなく挑戦し続ける風土を築き上げたい」

ブックオフのいいところと、
「変えたいな」と思うところを教えてください。

いいところは、すぐに出てきます。「人を中心に考えていること」。一人ひとりが自立し、人生で成功できるようにしようとする会社です。困ったとき、声を挙げれば誰かが手を差し伸べてくれる。ときに厳しく叱ってくれる。社会人になると、大変なことが多いのですが、ここで働く人たちには温かさを感じます。

変えたいのは…目先の結果に捉われてしまいがちなところかな。もっと大きくチャレンジしたい。世の中が激しく変化しているなかで、自分たちこそが変革のリーダーであることを自覚し、新しいことに取り組んでいきたいですね。今までの考えに囚われることなく、失敗を恐れず、常に前に進む会社であり続けたいと思っています。

「ブックオフを好きになってほしい。
仕事を楽しめるリーダーになろう」

新卒の社員に、何を期待していますか?

「ブックオフを好きになってほしい。仕事を楽しめるリーダーになろう」

新卒の社員に、何を期待していますか?

ブックオフを好きになってほしい。リユースという事業、店舗運営の楽しさ、一緒に働く人たちへの思い、経営理念…どこが好きかは、それぞれでいい。自分が働く会社のいいところ、好きなところを日々実感できれば、仕事は楽しくなります。大変なこと、つらいこともたくさんあるけど、数多くの学ぶ機会があるから「楽しい」。そんなことを繰り返しながら結果が出て、成長が連鎖する。これがブックオフの文化だと思います。自慢できる人財がいっぱい出てきてくれるといいですね。

10年先、20年先に会社を引っ張っていくリーダーになってくれればと期待しています。

「圧倒的な存在感を世界に感じさせる
リユース業界のNo.1になりたい」

10年後、どんな会社になっていたいと思いますか?

「圧倒的な存在感を世界に感じさせるリユース業界のNo.1になりたい」

10年後、
どんな会社になっていたいと思いますか?

「リユースといえばブックオフ」という圧倒的な存在として認められている。日本国内にとどまらず、海外でも多くの人に知られ、利用されている。さらに「あのブックオフがこんなこともやっているの?」といわれるぐらい、新しい事業にチャレンジしている。そんな会社になれると信じています。

多くの人に楽しい時間と豊かな生活を届けて…10年後には、現在の倍以上の売上規模に成長させたいですね。ぜひ、一緒にがんばりましょう。